カフェのような空間で暮らす - 中古住宅リノベーション

ホーム > 実例紹介 > バゲットと珈琲の似合う家

バゲットと珈琲の似合う家

bage

概要

ちょうどこのプロジェクトが始まる前に、建材や家具を買い付けるために、フランスに行ってきました。
その時、パリで朝食の際に行った街角にあるブランジェリーのバゲットがおいしく、またお店の内装も心地よく、その空間がとても印象的でした。

このイメージを何とかして、住宅に取り入れたいと。

バゲットからイメージを膨らませた空間づくり。
次から次へと、いろんなアイディアが浮かび、一気に構想が出来上がりました。

そして、このプロジェクトのコンセプトを
「バゲットと珈琲の似合う家」
にしました。

データ

所在地 府中市小柳町
築年月 1966年8月
建物面積 72㎡
間取り 2SLDK

リノベーション前

バゲットと珈琲の似合う家に関連したコラム

o04700626130598409461

京都の真砂土!

建物のまわりが、既存のままだと、外壁の色と合わないので、真砂土を撒く事に! って、広島出身...

o04700626130598565151

階段架け替え!

工事の大部分は、大工さんが関わるわけですが、夏場の工事は、さすがに暑く、頭が下がります。 ...

IMAGE002

内装ドア!

内装ドアは、今回もメーカー品。 使いたい建具はいろいろありますが、今回の様な建売の場合、ど...

Page Top ▲